見立鉱山・三治鉱山

山形県西村山郡西川町

熱水鉱脈鉱床

西川町の北側の沢には多くの鉱山があり銅や亜鉛を採掘していました。そのなかで間沢川の奥に見立鉱山・三治鉱山がありましたが昭和36年(1966)頃に閉山し、現在は整地されており鉱山跡と解る遺構が少し残っている。

産出鉱物
金・銀・銅・亜鉛など

写真をクリックすると拡大します


見立鉱山跡(選鉱場跡)

三治鉱山側の堆積場鉱山跡の道路
  
ズリ選鉱場跡


見立鉱山と三治鉱山は、隣接していたといわれ後に併合されたようだが、私には何処が見立か三治(ミハル)か解らない三治鉱山は金、銀も産出し見立鉱山は銅、亜鉛の産出が多かったようだ。


前のページに戻る